柿のタルト

ご無沙汰です。

以前にも書いた気がしますけど、柿は菓子に使うのがとても難しいです。

香りとか味とかに強い風味がないので、加工するとバターだとかの他の味に負けてしまうからです。

要するに口にしても「あ!柿」って感じにならない。

とは言え、旬になるとそれこそ山のように見かけますし、品種もとても多い。

上手く特徴を掴んで使いこなしたいものですね。

まあ、地元の方はわざわざ柿のケーキとか食べないかもしれませんけども。

で、最近よく見かける「太秋」のタルトを作りました。

塩味の生地にコーヒーの香りのタルトの台に純生クリームとスライスしてコニャックで香りをつけた柿。

柿の並べ方も工夫しました。

もちろん、柿をそのまま食べるのとは一味も二味も違って美味しいですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。