林檎パウンドケーキ続き

普段は甘いリンゴは選びません。甘味は後からいくらでも足せますから。

それに甘いリンゴは生食では美味しいですけど、製菓的に加熱すると今一つな食感になりがちです。柔らかすぎると言うか。

まあ、試作ですね。

プレザーブにして生地に練りこんで焼こうと思います。

皮をむいて砂糖とレモン果汁を加えて煮ます。砂糖はリンゴの50%程入れます。生菓子であれば、もう少し砂糖を控えてもいいとは思いますが、常温で数日間もたせる必要がありますので、きっちり糖度を上げないとカビる可能性が高くなります。

その分レモン果汁も比較的多目に加えてバランスを取りましょう。

糖度計ではかります。

バニラとかのスパイスとかキャラメル味にするのもいいですね。でも今回はりんごのストレートな味を出します。意外と荷崩れませんね。一晩おくと馴染んでとても美味しくなりました。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。