普段の作業の中でスポンジ生地とかを平にならして焼く事がよくあります。

でも厚みを均一にするのは、結構難しいですね。

最近はシリコン製の、縁に10ミリとかのテーパーが付いた天板いっぱいサイズの型があって、使ってるのを時々見かけます。

出来上がった生地を縁すれすれになるように流して使います。

なんといっても早く出来ます。ちょっとならすだけでいいですし、オーブンに入れるまでの時間が短くて済みます。でも割とお高い。

1枚だけ買ってもしょうがないですし。

で、似たようなのを自分で作れないだろうかと思って、ホームセンターに行きました。

最初はアルミとかのバーをカットして枠を作ればいいかと思っていましたけど、なにせカットする工具がない。ほんとうはステンレスがいいのかもしれませんけど、よりカットが難しそうです。

それに、一般的にお菓子の生地を焼くのは200℃くらいが多いので、木製でも大丈夫かもしれないと思って、ヒノキ材を買いました。安い!

早速カットして、セッティング。

これはいい。バーの厚みを変えて、生地の厚みを調整できそうです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。