紅玉タルト

紅玉の出回る時期に作っているタルトレットの再開です。

個人的な好みかもしれませんが、やはり加熱して美味しい品種ですよね。香りもいい。産地も結構あるようです。ですので、あちこち探しながら作るかんじですね。さすがに暖かくなると収穫されないですが。

収穫され次第送ってもらうようにしていました。先ずは山形県産。いかにも採れたてですね。パリッとしています。

皮を剥いて種と芯を取り除きます。皮も使うので取っておきます。あ、皮は完全にきれいに剥かないのが美味しさのポイントです。

果実の方にレモン果汁とグラニュー糖を混ぜて、軽く加熱します。

型に皮を敷き詰めて、実を詰めます。これをオーブンで少し焼きます。

自然に冷まします。翌日皮を取り除いて、再びオーブンで焼きます。

タルトレットの土台を焼きます。カルバドスのシロップを染み込ませます。

カスタードクリームを絞ります。

リンゴを型から外して、コーティングします。

タルトレットの土台に乗せて、アーモンドのローストを側面に付けます。

リンゴにはあまり火を通していないので、フレッシュな感じも残っています。ミディアムな感じですね。

酸味が効いたとても香りが良いケーキです。これも旬の味ですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。