生の柿(太秋)のタルト

実はケーキ屋は製造業です。営業許可も菓子製造業です。飲食店ではありません。

製造業、すなわち作るお菓子のタイプと数量と期日を計画して、材料を仕入れたり、作業工程を決める訳です。

まあ、うちくらいの規模なら、それほど大げさでもないですけどね、

急にご注文を頂いても対応出来ない事があるのは、そう言った事情です。材料が直ぐに用意出来なかったり、作業時間がかかる工程があったりします。ので諸々ご注文はお早めにお願いしますね。

それはさておき、計画生産の事です。

例えば苺。

パティスリーとかでは「苺のタルトを作るので、苺を仕入れよう」となるのに対して、レストランとかでは「苺を仕入れたけど、生で食べるのには風味が弱いからジャム状にして使おう」とかなる訳です。

すなわち素材を見てからメニューを決めるので、最も適した加工が出来る訳です。

なので、私なんかは時々、ジレンマに陥ります。

使いたい食材が使いたい状態で入手出来るとは限らないですから。まあ、農産物なので当然なんですけどね。

本題の柿です。

生の柿を乗せたタルトは、作る予定がありませんでした。

でも、最近よく見かけるようになった「太秋」はサクサクした食感も面白い。

生食向きですね。

これは生の柿のタルトを作らなんでしょう 。

アーモンドクリームを詰めて焼いたタルトの台に、カスタードクリームを塗って、スライスした柿を並べます。

ラム酒風味にしました。生地にもラム酒を使ってますし、ラムレーズンも少々。

カット面の保護と形を崩れにくくするためにナパージュを塗っています。

狙い通り美味しく出来ました。ただ、この辺の方は柿はわざわざ食べないかな?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。