柿のタルトレット

柿は風味が弱いので使いにくいフルーツではあります。ありふれていますし、お菓子に使っても「あ、柿!」って感じになりにくい。

でも特産品ですし、使わないわけにはいかない。かな?

で、タルトにします。単純にカットして乗せても、あまり面白くないので、いろいろ考えてみました。

柿自体を加工すると何のフルーツか分かりにくくなるので、タルト本体に凝ってみました。テーマはスパイシーな柿。

先ずはタルトの中にいれるパーツの制作。

溶かしたミルクチョコレートにヘーゼルナッツのペーストを混ぜ、フォユティーヌ(乾燥したクレープなどの破片)に絡めて、形を整えて固めます。サクサクした食感もあります。

タルトレットの本体を焼きます。空焼きですね。中に何も入っていない。ちょっと塩味を効かせるのがマイブームです。

詰めます。あらかじめ固めて置くと毎朝の手順が減るので早く出来ます。

チョコレートのクリームを流します。これもあらかじめ仕込んでおいた物で、クローブやコリアンダー、カルダモンを入れたアッサムティーに生クリームとミルクチョコレートを混ぜたものです。チョコレートはモルトの香りもするジバララクテを選びました。ビターチョコだと、柿の風味が負けそうなので。

デコレーションはシンプルに、柿とホワイトレーズンです。リンゴのブランデーのカルバドスを絡めて、香りを付けています。

柿は品種が多いそうなので、もうちょっと食べやすいタイプに変更しようかと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。