マロンパイ

この前から作っている渋皮煮はマロンパイに使います。

焼き菓子ではなくて生菓子として作ります。

渋皮煮自体の糖度を高く作っていないので、あまり日持ちがしないせいもあります。

発酵バターを折り込んだパイ生地とクレームダマンド(アーモンドクリーム)と渋皮煮。

同時ではなくて、別々に焼いて組み立てるようにしました。

浮かないように型で重しをして焼きます。あまり重すぎてもいけませんね。

どうして別々に焼くかと言うと、焼成に適した温度が異なるからです。

やっぱりパイ生地はサクサクしてる方が美味しいですし、いい状態が長持ちするように工夫しないとですね。

生クリームを絞って、栗を載せます。

どうせなら栗をたくさん召し上がっていただきたいので、2個載せました。

自画自賛になりますけど、とても美味しい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。