0.5ミリの違い

タルトとかのサブレとかシュクレの生地を伸ばす時の厚み。

タルトのサイズによって微妙に変えるのは当然でしょう。

中に詰めるクリームだとかの量も違う訳ですし。

食感とかにも影響しますし。

でも、今まで働いてきた所では、特に指示はありませんでした。私も気にしたことは無かったです。

なんとなくこのくらいの厚さ?って感じである意味適当に作業していました。

伸ばす人によっても変わるし、同じ人でも日によって変わることもあるのに、これでは同じ品質の物を大量に作れないですよね。

自分で店をするようになってから気づいた次第です。

伸ばす機械もあるので、それでやる事も多いですが、手作業で出来ないと職人としての意味がないと思いません?

で、具体的にどうやってるかと言うと、伸ばしたい厚さの金属とかのバーを左右に置いてやっています。まあ、単純ですけど、確実ですね。

今までは小型の、いわゆるタルトレットの時は2.5ミリにしてたんですが、もう少し薄くした方がいいと感じだしたので、最近は2ミリにしてます。

ほんのわずかの違いですが、味覚的にははっきりと違います。

薄くする分作業はやりにくいですけど。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。