食パン

もう、しばらく焼いてるんでご存知の方も多いですけど、食パンを毎朝焼いてます。

なぜ食パン?と思われるでしょうが、きっかけは自分が食べたいからだったりします。

まあ、ケーキ屋が使う食材で作ったパンが食べてみたかったのです。

要するにこだわりの生クリームとかを練りこんだ食パン。

もちろん小麦粉とかにもこだわってですね。

シンプルに美味しいパン。

もちろんその分原価もかかりますので、それなりにお高くはなりますけど、目指すのは値段ではない。

とは言えパン用の小麦粉って、よく知らなかったりしますので、いろいろ試しています。

やっぱりパンは小麦粉の味と品質がストレートに出ますからね。

最近は北海道産の「春よ恋」という品種100%です。

もちもちっとした感じに焼きあがって、食パンではあまり見かけない面白い感じです。

味もとても美味しい。

ただ、外国産の小麦粉と比べてボリュームが出ません。

ふわふわ感にかける訳です。

でも、ふわふわなのは逆に言えば空気を多く含んでいるという事。

どちらがいいかと言う事ではなくて好みの問題ですね。

もちろんイーストを増やせばボリュームがでますけど、小麦粉の香りもその分弱まる気もします。

パン屋さんのように発酵させる設備がないので、一日一斤しか焼いてません。

コメントを残す