ガトーマルジョレーヌ

いわゆるクラシックなお菓子を再現するのも面白いです。

文献とかでしか知りようのないですが。

その一つがガトーマルジョレーヌ。

とても有名(かつて存在したレストランピラミッドのスペシャリテ)ですが、普通過ぎるのか、あまり見かけない気もします。

 

粉末にしたヘーゼルナッツをメレンゲに混ぜて焼いて、ホイップした生クリーム、同じヘーゼルナッツのローストしたペーストのクリームとサンドしたものです。

まあ、検索していただけばどんなお菓子か分かりますけどね。

特筆するべきは、おそらく初めて生クリームをホイップして作られたお菓子。今では当たり前の技法ですが、最初に取り入れたのはすごいですね。その軽いクリームに衝撃を受けた人は多かったのではないでしょうか。

それとホイップクリームに溶かしバターを混ぜてコクと旨味を増しているところ。

おそらく当時の生クリームは現在のより薄かったのではないかと想像されます。

 

もちろん、これをそのまま現代の材料で作ってもあまり意味がありません。性質も違いますからね。

ヘーゼルナッツは油分が多く、ローストしてフードプロセッサーで挽くだけで、ドロドロになります。

本当は、もっと滑らかにするべきかもしれませんが、フードプロセッサーではここまでが限界です。でもちょっとざらっとした感じもいいと思います。

 

単純ですが、時々無性に食べたくなるケーキです。

そんな感じで時々お店にあります。今回はすりおろしたオレンジを加えていますので、少しオレンジが香ります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。