カカオ分の高いチョコレート

チョコレートも今ではいろんな国のいろんなブランドのが入手できるようになって、選択に困るほどです。

その中でもスイスのチョコレートは早くから輸入されていましたが、カルマ社のカカオ分が83%もあるチョコレートを紹介されたので数か月前から使っていました。

もう、このくらいのカカオ分になるとチョコレートと言うより、苦みを加える為に使うような感じですが、面白い素材ではあります。

 

以前は生地に練りこんでフォンダンショコラと言うか、ガトーショコラのようなのに使っていましたが、今回はクリームにしてみました。

チョコレートは油脂なので生クリームなどの水分が多いものと混ぜる時はレシピをよく考えないと、上手く混ざらずに乳化しない難しさがあります。

比較的多目の水分を加える必要があります。

 

国産の赤オレンジを丸ごと煮て、ママレード状にしたものと層にしてみました。

クリームが重たい分、スポンジは軽めにしていますので、夏のチョコレートケーキらしく食べやすいと思います。

熱い季節にチョコレートケーキは手が出にくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。