ひめこなつ

急遽入手した「ひめこなつ」

「梅雨の前に収穫される桃を」と品種改良された黄桃の一種です。小ぶりです。優しい味と風味ですね。雨に濡れると品質が落ちやすいようです。

地元産です。なんでも無農薬だとか。

完熟してから収穫するので、樹から落ちてしまうのがあり、商品に出来ないのが出るそうです。

まあ味は一緒ですし、今回はタルトにしましょう。

虫がついてるのがあるんですけど、水に浸して置くといいと言うアドバイスをいただいたので、早速。

なんか小さい虫がいます。しばらく浸して虫を出してしまいましょう。

痛んだり硬くなったりしてる部分を取り除いて使う分だけ残して冷蔵保存します。

生のまま焼きこんでもいいんですけど、ちょっと甘味が足りないように思うので、あらかじめシロップで煮てコンポートにします。オレンジの皮も一緒に煮て風味を付けます。

風味がシロップに逃げにくいように、硬水で煮ます。ここまでが前日の準備です。


サブレ生地を伸ばしてセルクルに敷き込み、アーモンドクリームを20グラム詰めます。きちんと同じ厚みに伸ばし計量するのが同じ大きさのお菓子を作るために欠かせません。

コンポートにしたひめこなつを載せます。元の桃の1個分になる程度が適量でしょう。

オーブンで焼きます。今回は熱風を吹き付けながら焼くコンベクションオーブンで焼きます。タルトレットですし。

160℃で40分くらい焼けばいいでしょう。

きれいに焼けました。

桃を煮たシロップを、風味を補強するために染み込ませ、乾燥を防ぐためとこれも風味を増すように桃のジャムを表面に塗ります。

加熱した桃との味の対比が出来るように、生の桃をトッピングに載せます。

少し塩味を付けるためにチーズを丸くして載せました。

サクサクのサブレ生地とアーモンドクリームと柔らかい桃の風味がとても美味しいですね。

余談ですが、桃を使ったタルトとかに丸ごと1個ドーンと載せてるのを見かける事がありますが、中に虫が居る危険性とか痛んでる部分がある可能性があるので、なるべく避けたいものです。

子供の頃、桃を丸かじりして、芋虫のようなのが居たことがありまして、それ以来果物の丸かじりがちょっと怖くトラウマになってます。

コメントを残す