白餡を作ってみた

新しいお菓子の試作に白餡を使ってみようと思いました。

でも欲しいのは少しだけですし買うほどもないので、作ってみました。

自家製すると甘さとか硬さとかコントロールできますし。それにまあ、餡子と同じ要領でしょうから。

白花豆です。

12時間ほど水に浸します。この辺がいきなり煮る、小豆で作るいわゆる餡子と違う点ですね。

 

15時間浸してかなり膨張してます。

1回沸騰させて水を替え、もう一回沸騰させて、スロークッカーでゆっくり加熱しましょう。

7時間煮ました。とろ火なのでほとんど煮崩れない。

網の上で潰します。皮を取り除くためです。

上から水をかけて下のボウルに身を溜めます。

上澄みを捨て、砂糖を加えて強火で加熱!

焦がさないように適度に煮詰めます。どこまで煮るかは普通の餡子と同じですね。もっというならジャムと同じ。

製品として販売するなら糖度とかきちんと計る必要がありますけど、副素材として他のお菓子に使うのでそこまでしなくてもよいでしょう。

 

餡子は、バニラとかシナモンとかのスパイスとかハーブとかで風味を付けても素材として面白いと思います。

実際今使っている餡子はオレンジも一緒に煮て香りを付けていますし。

よく、日本人が作るフランス菓子というか、日本ならではの素材として、抹茶とか柚子とかが言われますが、豆で作るいわゆる餡子の可能性をすごく感じます。もっと積極的に使っていきたいものです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県うきは市のケーキ屋です。